三茶散歩ONLINE STORE本店はこちら

コロナ禍で行き場を求める柑橘を三茶に届けて流通支援!南伊豆新聞共同プロジェクト「南伊豆産柑橘を、三茶で。」三軒茶屋で飲めるお店が続々登場!

三茶遠出
この記事は約4分で読めます。

こんにちは三茶散歩です。皆さん、飲んでますか?

あ、ちょっと不謹慎ですかね。でもなんでこんなに飲むことが難しくなってるんでしょうね。なんか寂しいです。毎日の暮らしに楽しみがぐんっと減って、あっ飲食店はココロの支えだったんだなあと最近よく思います。

思い詰まった気分をリセットしたり、エネルギーをもらっていたり。飲食店で過ごしたあの時間は私達の仕事帰りを、週末を、少しだけ彩ってくれて、何気ない明日に活力を与えてくれていたものでした。

だから飲食店は心のエッセンシャルワーカーと、今では思っています。

三茶散歩からのお知らせ
三茶散歩からのお知らせ

「南伊豆産柑橘を、三茶で。」のはじまり。

ある日、恵比寿新聞という恵比寿でローカルメディアを運営されてる高橋ケンジさんから一通のDMがTwitterに届きました。

「今度youtubeに出ませんか?」

よく見ると元NHKアナウンサー堀潤さんのyoutubeチャンネルの出演となっています。しばらくその場で硬直していましたが、テーマを見てなるほどと思いました。

「三回目の緊急事態宣言。皆さんの街はいかが?」

登壇パネラーには三軒茶屋の他に、南伊豆笹塚幡ヶ谷初台、そして恵比寿とそれぞれの地域でローカルメディアを運営している方々で構成されていました。

その一週間後、心の準備もそこそこに、番組は始まりました。

収録を終えてたときの安堵感は今でも忘れません。

番組の中盤、こんな会話が起きました。

南伊豆新聞:これから南伊豆では柑橘がたくさんなります。甘夏とか、どんどんなるんです。

恵比寿新聞:なんかその柑橘を三茶界隈で届けられたら楽しいですね。どうですか?

三茶散歩 :それ、やりたいです。


こうして「南伊豆柑橘を、三茶で。」プロジェクトは、瞬く間に立ち上がりました。

気がつけばその渦中にいた、という感覚と同時に「南伊豆と三軒茶屋をつなぐ」という響きに惹きつけられていたのを覚えています。

楽しみのぐっと減った世の中に、三茶の飲食店さんを通じてわずかでもエンターテイメントを届けられるかもしれない。そんな妄想で、すでに頭は満たされていました。

三茶散歩からのお知らせ

馬ちゃさんから始まった、南伊豆産柑橘のカクテル。

収録後、南伊豆新聞さんと連絡を取り、さてどうしようかなと思っていた時、投稿していたストーリーを見て頂いたオーナーから連絡が届いていました。

三茶の馬肉専門店「馬ちゃ」さんは、届いた南伊豆柑橘をあっという間にデザインしていました。お礼に伺った際「飲み物以外にマーマレードにします!」とすでに構想を練られていて、オリジナリティあふれるドリンクを完成させていたのです。


その後二度に渡ってこの柑橘を注文して頂き、これほどまでに気に入って頂けるのは正直予想外で、プロの腕を奮い立たせる南伊豆産柑橘は、それほど本物の品なんだと気付かされた瞬間でした。

三茶散歩からのお知らせ

マルコさんが、三茶に南伊豆柑橘を一気に広めてくれた。

今回南伊豆新聞さんに紹介いただいた柑橘類は「甘夏」「ニューサマーオレンジ」「黄金柑」の3種。中でも「黄金柑」は初耳でしたが、調べてみると非常に貴重に扱われてる柑橘だったことに気づきます。

それもあってか、反響は更に続きました。


三軒茶屋で知らない人はいない、いや行ったことがない人はいないほどの人気店、2TAPSさんの経営する「マルコ」「ニューマルコ」「コマル」そして「食堂かど。」「marcoffee」さんにて取り扱って頂くことが決まりました。

ニューマルコ!!
コマルさんにもお邪魔してきました。

裏話をすると、代表の河内亮さんとのやり取りは一瞬でした。やりませんか?やります。そんな感じでした。

もともとマルコ系列さんでは、こうした状況下で流通量の減ってしまったすだちを農家さん支援として店で買取り、販売している背景が有りました。

食堂かど&マルコーヒーさん

それもあって「南伊豆産柑橘を、三茶で。」の企画に賛同いただけ、おかげさまで多くのヒト達に届ける大きな要因になりました。

結果的に全店舗で導入頂き、その配送量はとても多いものでした。農家さんも非常に喜んで頂き「いつかお礼を言いに三茶に行く楽しみができました」とおっしゃっていました。

この企画に、モノ以外の意味が生まれた瞬間でした。

三茶散歩からのお知らせ
三茶遠出三軒茶屋で食べる飲む三軒茶屋の街を歩く
よろしければシェアお願いします
この記事を書いたヒト
三茶散歩

ビジョンは「いま暮らす場所が楽しければ、人生はもっと豊かになる。」三軒茶屋を生活の拠点にして人生が楽しく豊かに過ごせるきっかけを作ってます。 最近Y!ニュースにも記事提携頂けるようになりました!頑張ってフォロワー1万人目指したいです。応援フォローよろしくお願いします!

よかったらフォローしてね
三茶散歩
タイトルとURLをコピーしました