三茶散歩ONLINE STORE本店はこちら

三軒茶屋の町中華「新華楼」は美味しいだけじゃない。昭和な空間と品格ある食器が食の満足度を高めてくれる

三軒茶屋で食べる飲む
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、三茶散歩です。三軒茶屋周辺のヒトモノコトをいろいろお伝えしています。今日は三軒茶屋を代表する、三茶のシンボル的町中華「新華楼」さんのご紹介です。

もう何度も通った方もいるでしょう。でもまだ訪れた事がない方に、是非このお店がある日常をお届けしたいです。

三茶散歩も撮影でここのスポットを選んだことがあります

まず、とにかくロケーションが素敵です。世田谷線のすぐとなり。目の前には遮断器。線路×踏切×町中華。もう写真を撮りたくなるシチュエーションとして満点です。

店内は昭和の雰囲気を醸し出しています。まず「そうそうこういうの!」となります。そして店内はとっても清潔感にあふれています。そこがお気に入りの一つ。あとは「ジャンプがある」こと。町中華にジャンプは欠かせません。

ご主人が一人で厨房で料理をしてるので、混んでる時間はきちんと待ってあげましょう。待った分だけ、素晴らしく立派な中華が出てきます。

この湯気だけみても「ああ、しっかり魂込めて作られた食事を頂けるんだな」と嬉しくなってしまいます。

もちろん一人でいくのも良いですが、みんなで行けばご馳走になります。テーブル一杯に骨太な中華が並ぶと、とっても豊かな時間になりますよ!

新華楼の餃子は、食べる直前、唇に触れたとき「これは絶対おいしい」と思える餃子です。

その理由は、皮が薄めでアンがしっかり詰め込まれているからです。「隙間がないわー」ってみんなで興奮しました。

それと個人的に気に入ってるのが、縁取られた黄金色のお皿と、重厚な書体で書かれた「新華楼」の文字。

この食器たちが品格を届けてくれて、本物の町中華に訪れた満足を与えてくれます。これで食べると、ただ安くて量が多いことが売りのコスパ飯ではなく、きちんと食事を頂いた気持ちにしてくれるのです。そこが、このお店の好きな理由です。

当然ですが、どれも美味しい。ほんとに美味しいから、食べた後もきれいなテーブルでした。求めてる「昭和の空間」に「品格ある食器」で頂く中華メシは、とっても満足度の高い食事になります。長らく地元に愛される、三茶の町中華「新華楼」。是非皆さん(また)訪れてみて下さい。

店舗情報

新華楼

  • 東京都世田谷区太子堂4丁目4−10
  • 定休日:水曜日・日曜日

introduction:三茶散歩

三茶散歩の合言葉は「#散歩は三茶で」です

関連記事 三軒茶屋の地元民で予約が埋まる本格街イタリアン「オステリア ドゥエ」駅遠だけど大袈裟でなく隠れた名店(三茶散歩) 下北沢にコストコがあると聞いて行ったら本当だった!「Stockmart ストックマート」は年会費無料(三茶散歩) 代官山の人気店!浪花のふわとろたこ焼き「天風」が三軒茶屋にやってきた!(三茶散歩)

三茶散歩からのお知らせ
三軒茶屋で食べる飲む
よろしければシェアお願いします
この記事を書いたヒト
三茶散歩

ビジョンは「いま暮らす場所が楽しければ、人生はもっと豊かになる。」三軒茶屋を生活の拠点にして人生が楽しく豊かに過ごせるきっかけを作ってます。 最近Y!ニュースにも記事提携頂けるようになりました!頑張ってフォロワー1万人目指したいです。応援フォローよろしくお願いします!

よかったらフォローしてね
三茶散歩
タイトルとURLをコピーしました