祝WARDコラボ!「THREE TEA GO.」はここをタップ!
オススメのサービス

三茶・三角地帯まとめ① そこは異国情緒溢れるディープな飲み屋街空間だった。

三軒茶屋で食べる飲む
三茶の三角地帯 撮影:三茶散歩
オススメのサービス

こんにちは三茶散歩です

三軒茶屋(三茶)で飲み屋街としてメジャーなスポット「三角地帯」。
夜練り歩いてみたら、やっぱりここは雰囲気あるなーって思ってまとめてみました。

そもそもこの三角地帯って雰囲気があって面白いお店が充実してるのに、いまいち三茶に住んでるヒトだけに親しまれてるスポットだなぁとなんとなく感じていたからです。

恵比寿や中目黒などは、この街を目指して色んな人が飲みに訪れるのに比べ、三茶で予約したから集まろう!なんてこと、あまり聞かないからです、、よね?
※もちろん私の知らないところでは当然存在しているとは思います!

でも三茶って、実は三角地帯( 上の写真 )のように異国情緒にあふれて、海外の方が訪れたら喜んでくれるような場所があって、店も多くてはしごも楽しめる。金曜の夜に「わざわざ三茶まできて飲む」価値がある場所だと思うんです。

都内在住の方はもちろん、地方や海外から東京に来られた方が「三角地帯で飲みたいな」と三茶を盛り上げるようなことが出来たら、自分も楽しくなるんじゃないかなと思ったので、ほんの一部だけですが三茶の三角地帯をまとめてみました。

ちなみに

この三角地帯は三茶散歩を本格的にはじめたきっかけでこのへんは「三茶散歩について」でまとめています。

オススメのサービス

それでは初心者と思って三茶の秘境「三角地帯」にいざと突入!

国道246沿いに立つ門。ここから三角地帯に入れます。:三茶散歩

三茶で「三角地帯」といえばココが入り口です。

…ですが!このエリアへの入り口はいくつもあり、写真が正門というわけではありません。
あと「3番街行こう!」ともあまり聞いたことはありません。多分通じません。

三角地帯どこですか?⇨ああのいろいろお店がある飲み屋街ね。ってなります。

まさに異国情緒漂う密集地帯! :三茶散歩

夜は賑わってますよ。通路は細くて、前見て歩かないとぶつかります。でもご覧のとおりいろいろ魅力的な色と光が360度から誘ってくるので、キョロキョロすることは必然ですね。

先程の正門(ぽい)をくぐるとまず最初に目に入るのが
「かんてき」さん。焼肉屋です。この看板がとても印象的な目印です。
詳細記事はこちらから御覧ください。

神戸焼肉 かんてき 三軒茶屋本店 (三軒茶屋/焼肉)
★★★☆☆3.55 ■本物の肉はここにあり!最高品質の神戸牛は口の中で脂がとろける♪本格焼肉とビールで宴会! ■予算(夜):¥6,000~¥7,999

でもココからもう少し奥を覗いてみたい・・・。
そんな気持ちなのでとりあえず今回は脇目に。

ちさとちゃん (三軒茶屋/居酒屋)
★★★☆☆3.25 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

ちなみにこのエリアは通路が 数本並行していて
お店が軒を連ねています。

こんな「三茶人」が集まるバーもあります。
隣に座ってヒトと仲良くなるコト間違いありません。

現地へ行った際、いま立ってる通路以外にも通りはあるので
「あれ、こっちにもお店あるの?」ってならないようにしてくださいね。

個人的に賑わってるなといつも思うのがこの「ほしぐみ」。ガラス張りで中がみえてて、座っている人たちみんなオシャレに見えます。 このお店東京カレンダーぽいなって思ってます。(下町っぽい繁華街において、ってことです) 随分前にホットワイン飲んだ記憶があるけど今も提供してるのかなぁ?

いざかや ほしぐみ (三軒茶屋/居酒屋)
★★★☆☆3.44 ■30種のボトルワインが2800円で楽しめる、昔懐かしい昭和のかおり漂う赤提灯ビストロ ■予算(夜):¥3,000~¥3,999
写真は寄りで撮っていますが、雑踏のなかではどの店も見逃しやすいのでご注意を。:三茶散歩

個人的に三角地帯に来て一番友人を連れてくる事が多いお店が
この「金肉屋」焼肉屋さんです。
めちゃめちゃ美味しいお肉と生マッコリを出してくれるんです。

希少部位が安く食べられて、ミスジとか、トモサンカクとか
ここでしっかりデビュー出来ます。
非常にありがたい焼肉屋さんです。

いいとこの焼肉屋さんに必ずある高めのお肉っていつも「食べたいなー、でも高いからやめておこうかなー」と思うんですがここではしっかり注文しちゃいましょう!

二階は座敷なのでアットホームにくつろげます。

と、今回は金肉屋はお邪魔せず、更に三角地帯を突き抜けていきます。

先程の正門からまっすぐ歩いてきて
突き当たりを左に進むとこの看板「五臓六腑」さんが現れます

ですがココを更に右!

五臓六腑 (三軒茶屋/居酒屋)
★★★☆☆3.27 ■三軒茶屋の大人の隠れ家 ■予算(夜):¥6,000~¥7,999
オススメのサービス

迷宮を抜け出してもなお続く、飲み屋街

ココは迷路になってるのではじめての人は迷いがちです。でも個人的にその迷路を楽しんで、お店との偶然の出会いを楽しんでもらうのがココ三角地帯の楽しみ方かなって思っています。

と、言ってる間に明るい方へいざなわれてくとこの通りに出てきます。

右に「虎龍」オシャレ居酒屋さんです。

虎龍 (三軒茶屋/ダイニングバー)
★★★☆☆3.43 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

そのちょっと先すすんだ左に銭湯「千代の湯」さんがあります。
え、ここやってるの?って思うかもしれませんがやってます。

くぐって中に入るとコインランドリーもあります。で、その千代の湯さんのほぼ向かい、右手にあるのが「とりまさ」さん

オススメのサービス

出ました!地元感溢れる「このみせ絶対美味しいよね」的な老舗。

このお店、他のお店と違ってかなり地場の焼き鳥屋感醸し出しています。とても老舗な焼き鳥さんの印象が強く、実際私も入るのに勇気がいって、中にはいったたぶん「お前誰だ?見ねえ顔だな、何しに来た。」的なかなかコミュニケーションレベルが高そうなお店、そう思っていました。(勝手に)

ですが、全然そんなことはなく、とてもお店の方は優しくてこんなことならもっと早くから通っておけばよかったと思いました。(あっさり)

地場の焼き鳥屋さんを知ってる、行ったことがあるって
なんかかっこいい感じがするんですよね。
例えばここが京都で、京都に行ったらいつも行くお店があるんだ。
そんな感じのお店です。

カウンターの上に重ねられたお皿が
それも異なっていて、こんなところも地元のお店だなって感じさせられます。

もし三茶に訪れる機会があるあらこのお店に来てみて下さい。三茶のお店に来たなーって満足できると思います。

>>まとめ2に続く

タイトルとURLをコピーしました