THREE TEA GO.ビッグシルエットはじめました。

全国の生産者が一堂に集まるフードイベント「東京ハーヴェスト2019」が9月21日・22日駒沢オリンピック公園で開催!

三軒茶屋で食べる飲む
この記事は約4分で読めます。

東京ハーヴェスト実行委員会(オイシックス・ラ・大地株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人東の食の会/共同実行委員長:楠本修二郎・高島宏平) は、農家、漁師、畜産家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」を、2019年9月21日(土)・22日(日)に駒沢オリンピック公園 中央広場にて開催します。

三茶散歩からのお知らせ
三茶散歩からのお知らせ

「畑・海・山・蔵・ライフスタイル」の凄くて旨い生産者が集合!

東京ハーヴェストでは、 農家、漁師、酪農家などの日本の「食の作り手」の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の気持ちを形にして伝えようとの思いから2013(平成25)年に始まった同イベントは今年で7回目 !

三茶散歩からのお知らせ

各地から旬のグルメを直送する「キッチンカー」 が出店!

国内流通量1%以下しかない岩手県の「短角牛」や、水揚げ量日本一・気仙沼直送のサメ肉を堪能する「サメバーガー」を始め、各地の秋の味覚を楽しめます

収穫の秋にふさわしく、思わず「旨い!」と唸る食の数々が多数お目見え。

「キッチンカー」(出店6店)のうち、「東北応援」のキッチンカーでは、東北の海産物・農産物を使ったメニューを紹介。わかめやこんぶの未利用部位を無駄なく使った「海藻ワッフル」、宮城県特産・ホヤを使ったクッパや焼きそば、気仙沼直送のサメ肉を使った「サメバーガー」「サメガパオ」などが用意されるようです。

三茶散歩からのお知らせ

農家さんしか知らない頼れる相棒「ネギの皮むき機」が登場

農家さん愛蔵の「ネギむき機」がやってきます

例えば、スーパーに並んだ真っ白いネギしか知らないという方にこそ、ぜひ会場で体感いただきたいのが知る人ぞ知る「ネギの皮むき機」。畑で収穫した泥付きねぎの外皮を、真っ白になるよう目にも止まらぬ速さで、かつネギを傷めないよう優しく空気の力でむいてくれるという、農家さんにとっては実に頼れる相棒なのです。この機械でネギの皮をむく、という東京ではなかなかできない貴重な体験をお楽しみください。

このほかにも東京ハーヴェストででしか食べられない限定メニューや地域性豊かな美味しさを分かち合い、価値の高さを再認識する場を提供されます。

三茶散歩からのお知らせ

「東京ハーヴェスト」過去最大規模・約40名の生産者が駒沢公園に集う

「屋台エリア」(6店)では、イベント限定メニューを用意する。和牛「日本短角種」を炭火で焼いた牛串、神奈川県真鶴町の老舗干物店が仏料理シェフとコラボしたアナゴのみりん干しとブランド豚「みやじ豚」のミルフィーユ串、蔵出しの東京地酒などをそろえているそうです。

 また「マルシェ」(28店)では、全国各地から届いた野菜やフルーツ、平飼いのたまご、自家製パン、非加熱のはちみつなど農産加工品などが並びます。

駒沢公園に2日間限定で全国の一流生産者が集合いたします!
「畑・海・山・蔵・ライフスタイル」の凄くて旨い出展者を紹介します。ぜひ、ご覧くださいませ

三茶散歩からのお知らせ

東京ハーヴェストをよく知れば食べ物がもっと魅力的になる!

2013年にスタートした本イベントは今年で7回目を迎え、来場者数は年を追うごとに増加。昨年も2万人以上が日本の豊かな食を体験されました。今年は駒沢オリンピック公園に会場を移し、秋の味覚や旬を味わえるキッチンカー、生産者のこだわりが伝わる食材を販売するマルシェなど、ここでしか得られない「体験」「参加」型コンテンツを多数用意。大規模フードイベントを通じて、日本が誇る食や農業、漁業、畜産業の魅力を発信しています。

三茶散歩からのお知らせ

東京ハーヴェストへのアクセス

東京ハーヴェスト | 全国の旨いと凄いを体験できる食の祭典
東京ハーヴェストは全国の一流生産者が年に一度、東京に集まる食の祭典イベントです。マルシェ、屋台、キッチンカーを通じて各地域の風土や歴史を楽しめるイベントです。東京から全国、そして世界へと「おいしい日本」を発信します。
タイトルとURLをコピーしました