THREE TEA GO.ビッグシルエットはじめました。

【三軒茶屋】生活工房ギャラリーにて〈すわる〉姿を、30年以上に及ぶリサーチから探る展覧会が開催。12月8日まで。

三軒茶屋の暮らし
写真=渡し船を待つ(マリ、2011年) 撮影:井上耕一
この記事は約3分で読めます。

 「〈すわる〉を旅する-アジアとアフリカの、あの坐(すわ)り方と低い腰かけ」が現在、三軒茶屋の「生活工房ギャラリー」(世田谷区太子堂4)で開かれています。

三茶女子
三茶女子

あの坐(すわ)り方?

三茶散歩からのお知らせ
三茶散歩からのお知らせ

「すわる」展 アジアとアフリカの「低い腰掛け」30点を体験

記録映像に見る「アジアとアフリカの、あの坐り方と低い腰かけ」

同展では、デザインリサーチャーの井上耕一さんが30年以上にわたり撮影してきたアジアとアフリカの写真約 200 枚と高さ10センチ前後の「低い腰掛け」を約30点展示。記録映像も交え、歴史的・建築的観点からの座具や、移動・定住と腰掛けの関係などを探る。

井上耕一さんはこの姿勢を「あの坐り方」と名付け、各地に出かけてはこのポーズで何かをしている人々の写真を記録し続けました。「あの坐り方」の周辺には、たまに高さ10センチ未満の低い「腰かけ」が登場します。それは椅子と呼べるような家具然としたものではなく、しゃがんだ体勢をより長く維持するための、あくまで補助具としての役割を担っています。井上は近年より可能な限り、その実物の収集も続けてきました。

三茶女子
三茶女子

「あの坐り方」ってそういうことなんだね。

三茶散歩からのお知らせ

腰掛けには自由に座ることができ、ものづくりなどをする様子を映像で見ることができる。

右側の男子は地べたにすわり、真ん中の男子は「あの坐り方」をし、左側の女子は低い腰かけにすわっている。望遠レンズで撮影したもの。こちらに気付くとさっといなくなってしまった。(タイ、1999年) 撮影:井上耕一

本展では、井上耕一による30年以上におよぶ〈すわる〉フィールドリサーチから、アジアとアフリカの膨大な写真200枚と、30点以上の腰かけを展示。記録映像も交え、歴史的・建築的観点からの座具や、移動・定住と腰かけの関係も見つめながら、旅するように〈すわる〉を探ります。

三茶散歩からのお知らせ

その他のイベントも開催!詳細情報はこちら。

せたがや文化財団 生活工房の担当者は「高い椅子の生活に慣れてしまった私たちだが、人類がどのように座ってきたのか、身体の観点から世界や歴史を見るきっかけになれば」と来場を呼び掛けています。

「あの坐り方」でティーブレイク

親密さを示すために、1つの瓢箪を半割にした器から2人で酒を飲む(エチオピア、2006年) 撮影:井上耕一

ジアとアフリカのさまざまなお茶を、「あの坐り方」に挑戦しながらその体勢で味わい、語らいます。

  • 日時:11月29日(金)、12月5日(木) 各日14:00~15:30
  • 会場:生活工房4階ワークショップルームA
  • 参加費:100円(お茶代、おかわり自由)
  • 申込:不要、当日直接会場へ

開催時間、場所

都市では失われつつある人類の根源的な〈すわる〉姿を、30年以上に及ぶリサーチから探る展覧会。

井上耕一(いのうえ・こういち)
1971~2003年、専門学校桑沢デザイン研究所にて教職。個展「しゃがむ―あの坐り方と低い腰掛」(2003年)
  • 会期:2019年11月16日(土)~2019年12月08日(日)
  • 時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで) 月曜休み
  • 会場:ワークショップB(4F) / 生活工房ギャラリー(3F)
タイトルとURLをコピーしました